増えてきた需要

矯正歯科治療をする人も増えてきました

歯科矯正は、保険外適用のため治療費はすべて自己負担になるので、歯並びに問題があったとしてもそのまま放置している人も多かったのですが、最近は、見た目だけでなく歯の健康も意識して、矯正歯科治療を受ける人も多くなってきました。 矯正歯科の治療は特殊なため、一般の歯科医院では治療することができません。ですから専門医に診てもらうことが必要です。 矯正歯科治療を始めるのに適している時期は、永久歯が生えそろう小学校高学年ぐらいに始めるのがいいのです。 大人になってからも治療はできますが、時間も費用もかかります。ですから負担の少ない子どものうちに開始するのが一番良いのです。 歯並びが気になる人は、早めに相談してみるとよいでしょう。

目立たない治療ができるようになってから

これまで矯正歯科の治療は、口を開けると矯正器具が見えてしまうので、なかなか矯正治療に踏み切ることができなかった人も、最近は目立たない治療法があるので安心して治療することができるようになりました。 矯正器具が透明になっているタイプのものや取り外し可能なマウスピースタイプのものがあります。目立たない良さや食事や歯磨きの際に取り外せるメリットがあります。 また一般的な矯正歯科治療は、歯の表面に矯正器具を装着させるのですが、歯の裏側に装着させることができるようになってから、この治療法を希望する人も増えてきました。 少し費用は高くなりますが、今後もこれらの器具を用いた治療法で矯正歯科治療を行う人は増えてくるでしょう。

歯を失ってしまったら

突然の事故や衝撃といったトラブルで歯を失ってしまった場合は、銀座にもあるインプラント治療を行なうと適切です。インプラント治療なら審美的にも問題なく本来の噛む力を取り戻すことができます。

もっと知ろう

矯正歯科の最新技術

矯正歯科の治療は、一般的なものだと歯の前面に固定器具を設置するものです。しかしこの方法だと治療中であることがわかってしまうため、他人に悟られたくない方は歯の裏側に固定器具を設置しています。

もっと知ろう

歯並びを改善する

歯並びを改善することで食べ物が食べやすくなるだけではなく体調にも良い効果が現れます。現在ではほとんどの歯科医院が矯正歯科治療を行なっているので子どもでも利用することができます。

もっと知ろう